人に共感されるものには必ずストーリーがある。土屋尚史が選ぶ、再読の3冊

常に自分をアップデートし続けるために本を読む。児玉昇司が選ぶ、再読の書3冊

「“いいしごと”のために、有限な時間をデザインする。」──5つの愛用品から見る清水淳子の働き方

自分の中にいくつも分人がいて、常にどれかがオンになっている──佐藤ねじの「問いの立て方、思考のほぐし方」

“消えない言葉”を紡ぐため、自分が本気で信じられることを探していく──小藥元の「問いの立て方、思考のほぐし方」

「人との出会いこそが“いいしごと”の源泉。」──5つの愛用品から見る横石崇の働き方

「“いいしごと”の秘訣は自然体でいること。」──5つの愛用品から見る山田雄介の働き方