特集

戦略と技術で課題に向き合う
コンサルタント特集

さまざまなソリューションで、企業や機関の課題にアプローチ

さまざまな「職種」の転職動向や、採用担当者が注目するスキルなどを紐解く特集をスタート。初回は、ビジネス課題に対して、専門知識と技術でソリューションを提供する「コンサルタント」にフォーカスします。

Eightでは、名刺情報とプロフィールをもとに「スキル」を定義していて、今回はコンサルティング経験を有しているユーザーを「コンサルタント」と定義しています。

コンサルタントの需要は多様に

コンサルタントの業務内容は多岐にわたります。課題を抱えている企業や機関などから依頼を受け、その解決に向けた支援を行うことが主たる業務です。企業の中期的な戦略を策定するプロジェクトがある一方、特定の事業テーマに応じたプロジェクトの支援も増えているようです。

ここからは、Sansan株式会社のデータ統括部門である「DSOC(Data Strategy & Operation Center)」によるデータ化と解析をもとに、「コンサルタント」にまつわる名刺データを分析していきます。

※データ期間:2014年〜2020年までを対象

Eightユーザーにおけるコンサルタントの推移は、2014年時点では1万人に満たない程度でした。以降は順調に増加し続け、2020年時点では5万人以上のユーザーがいます。

まずは注目していきたいのが、「業界間のコンサルタントの行き来」です。下の図はそれをヴィジュアライズしたものです。円が大きいほどユーザー数の多さを示していて、コンサルティング業界・IT業界・人材業界・不動産業界・小売業界などが、ユーザーの分布が多いと言えます。

「業界間のコンサルタントの行き来」をヴィジュアライズ

矢印はそこの業界にいたユーザーが、次のキャリアでどの業界に移ったのかを示しています。矢印の線が太ければ太いほど、移動したユーザが多かったことを表しています。「システム開発業界」や「経営コンサルティング業界」を見てもわかるように、転職をしても同じ業界でコンサルタントとして働く方も多いようです。

もちろん、必ずしも行き来の量が一致しない、つまり矢印の太さが非対称な業界もあるので、そこにユーザーと企業の採用ニーズのヒントがありそうです。

コンサルタントに求められるスキルは?

次に「スキル」という観点からもデータを見ていきましょう。「コンサルタント」が持っている「コンサルティング」以外のスキルについて着目してみました。以下はそのTOP30です。

スキルごとの保有者数の偏りをなくすために、スキルごとの全体の保有者数で除している

「財務分析」「情報システム」「M&A」のTOP3が突出して高いことがわかります。その他のスキルの領域は幅広く、「営業」「マーケティング」「人事」「経営企画」なども顕著に現れています。スキルのかけ算でより専門性が高まるのかも知れません。

人事担当者はコンサルタントのキャリアの「どこ」を見るのか?

ここまでデータを見てきたように、コンサルティング経験だけが、コンサルタントとして働くための必須条件ではなさそうです。社会の課題がより複雑になるいま、多様なバックグラウンドとスキルを持つ人材がコンサルタントとして活躍していると言えます。

Eight Career Designのタレントプールにおいて、「コンサルタント」でスカウトされている人たちのキーワードも解析してみましょう。つまり、「人事はどこに注目しているのか?」を紐解いていきます。

※Eight Career Designのタレントプールとは?
タレントプールは、採用したいユーザーを追加しておける採用候補者のお気に入り一覧です。候補者とつながっている自社社員ユーザーを確認できるほか、タレントプールに登録しているユーザーの転職意欲の上昇やプロフィールの更新など通知として受け取ることができるようになり、効果的に候補者にアプローチをすることができます。

横軸はJaccard係数を用いて、「この単語を含んでいる人」と「スカウトされている人」の一致数を測っている。

「IT」「業務改善」「クライアント」「PM」「事業戦略」などが人気のキーワードと言えます。「RPA」「IT」「ツール」などのキーワードもランクインしていることから、ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)を取り入れた業務改善に取り組んできたコンサルタントの注目度が高そうです。

コンサルタントとして次のキャリアを考えるときに、どの業界でコンサルタントの需要が高そうか、またどのようなスキルや経験を自身の強みとして打ち出すとスカウトの注目度が高まりそうか、参考にしていただけると幸いです!

  • 監修:臼井翔平(DSOC)/黒木裕鷹(DSOC)
    編集:瀬尾陽(Eight Career Design)

おすすめ求人

関連記事

顧客と共に「頂」に挑戦する──少数精鋭のコンサルティングファームが築く、トライアンドエラーの先にある信頼関係

株式会社ベルテクス・パートナーズ
コンサル系専門部門

M&Aアドバイザリーは仲人のような仕事。お客様の意思決定に貢献するために事業を立体的に捉える

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
コンサル系専門部門